栄光建設:宅建サービス

あなたの夢の家を思い描いてみたいと思うと同じくらい、現実はすぐに金融と信頼の懸念と私たちを打つ。見積もりはどれくらい必要なのか」「どこの会社を信用していいのか」など、きっと皆さんは悩むことでしょう。

私たち永光建設は、長い歴史の中で地元飯能市を変えてきました。私たちは、商業・住宅の建設サービスで、飯能市の皆様の夢を現実のものにしてきました。幅広いサービスを提供することで、様々な住宅ニーズや資金繰りの方に対応することができます。一度私たちと提携してしまえば、家の建設は、私たちの保証された費用対効果の高い品質の出力と同じになることはありません。

栄光建設を選ぶ理由

永光建設は、快適性、効率性、弾力性のある特性を実現するためのお手伝いをします。当社では、お客様のご要望に応じたサービスをご提供しています。コテージ作りから家具付き住宅まで、お任せください。

サービスの私達の広い配列は重いおよび土木工学の構造を中心にして、商業および住宅の作成でそう。これらは次の分野です。

  • 新築一戸建て
  • 中古一戸建て
  • 賃貸物件。土地/不動産、アパート、バルク/ビル・マンション
  • リフォーム・原状回復・修理
  • 相談内容

何よりも、当社の誇りは、優秀な経営者、優秀な資格を持つ建築士・技術者、そして産業分野を熟知したダイナミックで有能なサポートスタッフが揃っていることにあります。飯能市での長い歴史とサービスで、飯能市の人々の信頼の窓口となっています。

当社は合法性を考慮し、埼玉県知事許可第17200号の登録を受けています。埼玉県宅地建物取引業協会、全国宅地建物取引業保証協会に加盟しており、業界に精通していることが高く評価されています。

私たちは、マルチサービス企業として、お客様に満足していただくことを目標としています。街の中での当社のリーディングステータスと強い信頼は、皆様のご指摘・ご意見・ご提案によるものです。皆様のご意見・ご感想・ご提案により、私たちは計り知れない知恵を得て、より深い専門性を確立していきたいと考えております。 

住宅建設サービス

私たちがあなたの家づくりのパートナーになれば、様々な労務作業や業務に対応できるので、もうこれ以上のことは考えられません。私たちに夢を持っていただくだけで、お客様のご要望やご要望をお聞きします。

住宅建設とは、家や家を作る方法のことです。まあ、ビルダーは、それがすぐに多くの時間のためにそこに居住する人々によって所有されているプロパティですので、一般的に家を作ることにそれを参照してください。家の作りは、厳格なステップバイステップのガイドを必要とします。それは、大まかなフレーミングに続いて、設計、建築基準法、そして最後に、建設をチェックするサイトから始まります。したがって、住宅は夢を描いて製図用紙にスケッチして完成させるものではありません。あなたが必要とするのは、あなたをガイドするパートナーです。

  1. 外部

外部工事とは、建築工事の外部環境で行われる工事のことをいいます。一般的には、これらは、プロパティを強化するための基礎を築く建設作業です。その作品は、機能的または審美的な機能を作ることを目的とすることができます。これには、以下のものが含まれますが、これに限定されません。

  • ファンデーション。浅くて深い

基礎は構造物を構成する上で重要な要素です。家や建物については、それはしっかりと地面に接続する構造物を可能にします。その作りには、浅いものと深いものがあります。前者は、表面に非常に近い地面に負荷を転送します。一方、後者は、はるかに表面からダウンして負荷を転送します。ここでは、住宅建設では、一般的に浅い基礎の原則に従います。しかし、お客様の立地条件や選択に応じて、当社では深層基礎のサービスも提供しています。

  • 現場調査(下地処理や敷地整理など

どんな工事でも、違法性や将来の財産の不安を避けるためには、事前の現場調査が欠かせません。このステップのために、私たちはすでにあなたのために仕事をすることができる法律の専門家の有望なチームを持っています。この段階では、次のような作業も行います。 

  • 葉っぱの除去
  • 敷地のレベリングとモデル化
  • フレームワークとアクセスルートの設定
  • 造園

造園は、土地の外部の美観を高めるために不可欠です。それは非公式にガーデニングと呼ばれる生きている要素を変更することが含まれています。

  • 水道システム(例:廃水、表流水の排水溝、配管、その他の公共事業の供給

邸宅を建てる場合でも、シンプルな家を建てる場合でも、外部排水は必要です。この作業には時間と入念な計画が必要で、一歩間違えれば確実に道路(または村)全体の排水を危うくしてしまいます。また、このメイキングには以下のようなものがあります。

  • 腐った排水。トイレ、流し台、シャワー、洗濯機などの使用済み水を運びます。
  • 表面(地上)排水。屋根排水とも呼ばれています。雨水や雪解け水、氷などの水を運ぶ排水です。
  • 壁、フェンス、手すり

壁、フェンス、手すりは、あなた、あなたの家族、あなたの家にプライバシーと安全性を提供します。これらの仕切りを構築すると、不要な人や車両に制限を設定します。

  • 電源配線

機能的な家は電気がなければ成り立ちません。電源配線とは、ケーブル、スイッチ、分電盤、コンセント、照明などを電気的にセットアップしたものです。安全基準や効率、デザイン性にも配慮した方法です。適切な金具、電線、ケーブルを使用することで、電力使用量を削減することが可能です。

  1. 内部

プロジェクトの外部の仕事に関連して、内部の仕事は住宅所有者に色、快適さ、および有用性をもたらすためにレンダリングされます。それは、建築家、インテリアデザイナー、エンジニアの間の共同作業です。これには以下のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • フローリング

フローリング(床材)とは、カーペット、タイル、ビニールなど、地面の上に敷き詰められ、歩行路の表面として機能する仕上げ材のことをいいます。

壁は、プライバシーと保護を提供する外構と内部構造の両方です。ここでは、私たちの会社では、様々な利用可能な材料を使用して内部の壁を変更します。

  • 天井

天井は、部屋の上記の限界をカバーするための頭上の面です。機能面では壁やフローリングほど重要ではありませんが、天井は装飾と快適さを提供します。

  • 換気と断熱

換気をすることで、外気を家の中に取り込むことができます。しかし、適切な断熱材を使用することで、冷暖房を減らす外気の流れを維持し、快適性を向上させることができます。

  • 配管

配管は、パイプ、バルブ、タンク、その他の材料を使用することで、住民による水の正しい分配と使用を可能にします。配管システムの不適切な配置は、健康と衛生上非常に重要です。

  1. 仕上げ

仕上げ工事は、家づくりの最終段階。そのタスクはまた、内部の作品に関連しています。彼らは、一方で、前のものほど重要ではありませんが、彼らは住民に魅力と驚異を提供しています。仕上げには以下のようなものがありますが、これに限定されるものではありません。

  • キャビネット
  • 家具
  • インテリアデコレーション
  • 絵画
  • 什器
  1. 原状回復・修理・リフォーム

ここでは、私たちの会社では、完成したプロジェクトが本当の意味での完成ではないと考えています。住民の皆様にはメンテナンスや修理が必要な日もあります。だからこそ、私たちの会社は、地域の皆様のお手伝いをするために、街にとどまっています。

ストーリー

新規のお客様や常連のお客様が私たちについて何を言っているかをご覧ください。また、あなたが私たちのためにレビューを持っている場合は、かどうかのためにまたは反対に、あなたは私たちのホームページ上であなたの上にコメントすることができます。後者については、私たちの会社はあなたの懸念やニーズに対処するために最善を尽くします。

  • 英工建設は、私が今まで一緒に仕事をした中で最高の業者です。そのチームは私と私の家族に素晴らしい品質のサービスを提供してくれました。- ひまりさん 34歳
  • ‘家を作る、あるいは簡単なリフォームをするというのは、最初は厄介なものです。ありがたいことに、この街には昔からある会社です。完成品の数も多く、リスクを覚悟してやってみようという気になりました」。- あかりさん 28歳
  • キッチン周りの修理を徹底的に指導してくれたことに感謝しています。彼らの配管工事チームは本当に手際が良かったです。- はる, 23  

見積もりのサンプルを入手する

エイコー建設はお客様の金銭的なご予算を大切にしています。ご希望の家づくりサービスのタイプをご連絡先と一緒にお送りください。お客様と一緒に仕事ができることを楽しみにしておりますので、私たちのチームはすぐにお客様のケースに戻ってきます。

サービスの種類
メールアドレス

お問い合わせ

私たちのサービスを気に入っていただけましたか?ご不明な点がございましたら、「お問い合わせ」のページでお問い合わせ先をご確認ください。また、お問い合わせフォームにご記入の上、メッセージをお送りいただくことも可能です。ご連絡をお待ちしております。

私たちをフォローしてください

当社は飯能駅から徒歩5分の場所にあります。弊社ビルは飯能市吾妻町18-8にあります。当社のソーシャルメディアページに「いいね!」や「フォロー」をしていただくことで、プロモや完成したプロジェクトなど、当社の最新情報を見逃すことはありません。(FB, IG, Twitter, and Ameba). Username: @eiko.kensetsu